西新宿の鍼灸治療(はり・きゅう)マッサージは藍鍼療院へ

| Q&A |

妊娠中でも大丈夫ですか?
テキスト1 大丈夫です。
妊娠中は、胎児に対する拒絶反応を起こさないために免疫力が低下すると言われますが、
同時に、本来の生命力が最大限発揮されているはずの時期でもありますから、
基本的には出来る限り刺激量を減らします。

鍼の数を減らしたり、普通に刺すのでなく触れるだけの接触鍼、あるいは鍉鍼(ていしん)と
呼ばれる刺さない鍼での刺激に替えるなど、いろいろな手段で刺激量を減らし、
治療時間を短くして対応します。治療時の姿勢も無理のないよう配慮いたしますので、ご安心下さい。
(ただ、オイル・マッサージの場合、ある程度以上お腹が大きくなってくると、やはり姿勢の関係で、
背中から腰の治療は難しくなってしまいます。)

お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。