西新宿の鍼灸治療(はり・きゅう)マッサージは藍鍼療院へ

| Q&A |

鍼は痛くないのでしょうか?
テキスト1 鍼灸で使用する鍼は、縫い針や注射鍼に比べると非常に細いものです。
例えて言えば、たこ糸と絹糸のようなものです。 そのため、刺入時の痛みは殆どありません。
ただ、皮膚面には痛点と呼ばれる部位が沢山あり、ここに偶々当たると、わずかにチクっと痛みます。
また、治療目的によっては、少し太い鍼を使用したり、あるいは深く刺入したりすることがあり、
この場合は少し神経に触るような、あるいは重いような感じを受けることがあります。
(この感覚が、”効いてるゥ!”という感覚に近いことも多いのです。)
 
正直なところ、こればかりは体験して頂く他ありません。マッサージでお越しになられた方で、
ご希望があれば”お試し”鍼の無料体験OKですので、是非どうぞ。
 
ともあれ、人により痛みの感覚が異なりますので、”鍼は痛くない!”と断言は出来かねますが、
少なくとも、皆様が想像しておられる痛みに比べれば、はるかに程度が低い
(あるいは限りなくゼロに近い)痛みだとお考え下さい。

お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。