西新宿の鍼灸治療(はり・きゅう)マッサージは藍鍼療院へ

藍プライベート通信

半夏生 (2022/07/04)
古くからの季節の区切り方に、二十四節季と
七二候があります。

半夏生」(はんげしょう)は七十二候の一つで、
ちょうど今頃(7/2頃~7/7頃)で、
昔から田植えを終える大事な目安であった由。

"半夏生ず"の「半夏」は、「烏柄芍
(カラスビシャク)という植物(薬草)のことで、
半夏が生えて来る時期、を意味しているそうです。

ちょっと紛らわしいですが、その半夏とは別に「半夏生」(ハンゲショウ)という名の
植物があって、それが、この写真です。

名前の由来は、この写真にもあるとうり半夏生の時期に花が咲くから、あるいは
葉が部分的に白く変化するところから「半化粧」と呼ばれたとの説があって、
その珍しい名前が覚え易いものですから、ワタシでも知っている次第。 
あと、昔から片白草(カタシログサ)とも呼ばれるそうです。

緑の下草の中に
真っ白いが咲いているのかと、一瞬錯覚しそうになるところが
面白くて、なかなか気に入っています。  

投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
早くも猛暑 (2022/06/27)
まだ6月だというのに・・・確か梅雨明けして
いないのに・・・連日の猛暑日!!
(と書いたところで、今日が梅雨明けとのニュース)

熱中症にならないよう、エアコンは我慢せずに
使え、でも節電せよ、とは理不尽な・・・
ちゃんと原発を稼働させたらどうよ、と思うワタシは少数派なのでしょうか。

もう散歩に出歩く陽気ではなくなりましたが、
この暑さの直前、先週半ばに、今年も千葉公園蓮池で、しばし、涼しげな
蓮の花で目の保養をしてきました。

しっかり開花している蓮の花は、基本的に2日目と3日目だそうです。
(1日目は少し開いただけで閉じるし、4日目には散るので)

その2日目と3日目の区別がつかないかと、昨年来、目を凝らして観察(?)して
きた結果、やっと、花托雄しべの色・形のビミョーな変化に気が付きました。

写真は、花托の黄色がまだ鮮やかで、いかにも開き始めたばかりという雄しべを
見るに、多分、一番美しいと言われる2日目のものだと思います。
皆様も、近くで蓮の花を観賞する機会があったら、じっくり観察してみて下さい。 

投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
アジサイまつり (2022/06/20)
この季節、あちらこちらで開催されている
"アジサイまつり"。

ワタシが行ったのは、府中郷土の森博物館。
ここは博物館やプラネタリウムもあるけれど、
広い公園になっていて、季節ごとに花の名所
にもなっています。

で、今はアジサイ。 それも"アナベル"という
比較的新しい品種で、人気のある白アジサイ
沢山植えられていると友人が教えてくれました。

アナベルという名前は知っていましたが、ちゃんと見たことがなかったようです。
普通の(?)白アジサイより小さめの花がびっしり固まっていました。
それに、蕾から開花までの薄緑色が特徴的です。

見た目も良いですが、どうも栽培・管理が他のアジサイより簡単なようです。
普通のアジサイは翌年の
花芽が付くのは8月だそうで、7月中には今年咲いた花
を切り取っておかないと翌年咲かない。 けれどアナベルは4月に花芽をつける
ため、前年の花を切り取るのを急がなくても良い、そうです。
(それだと、ドライフラワー状態になっても暫くは楽しめる、多分)

アジサイは、わざわざ遠くの公園に出向かなくとも、近所で沢山目にすることが
出来ますが、たまには森林浴を兼ねて遠出するのも楽しいものです。
(暑くなる前に!)

投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(2) | トラックバック(0)
夏椿 (2022/06/13)
アジサイやクチナシに続いて、今年も"夏椿"の
季節がやってきました。

梅雨入りの頃、ツバキに似た白い5弁の花を
咲かせますが、一日花で、朝に開花して夕方には
落花。ツバキと同じように花ごとポトリと落ちます。

花や葉が椿に似ていて、に咲くから夏椿。
三時草に負けず劣らず、ネーミングとしては
芸がないというか、面白味に欠けるようにも
思いますが、見ても聞いても、はァなるほどね、という感じで、すぐに覚えられます。

大きな木だと花が遠くて見ずらいですが、まだ大きく育っていない木だと、ちょうど
目の前に、すっきりした白い花が見られてラッキーと思ってしまいます。

今がちょうど花盛りでしょうか。 楚々とした風情が大変気に入っていますが、
開花期は長くないので、今のうちにしっかりと眺めを楽しんでおこうと思います。

投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
三時草 (2022/06/06)
午後の3時になると花が咲くので"三時草"。
随分安直なネーミングですが、ホントなのだとか。
別名は照波(てるなみ)という多肉植物です。

同じく三時草と呼ばれる草木もあって、そちらは
"はぜらん"だそうで、全く別物。

数年前に、趣味で多肉植物を育てている知人
から、引っ越しのために鉢を少し処分するので、
一鉢貰ってくれないかとの申出がありました。 

サボテン
のように殆ど手がかからないという話なので、それならワタシ向きだと、
喜んで頂戴して以来、ウチのベランダで結構元気に生き延びていました。

いました、と過去形になっているのは、昨年の春先、あろうことかネズミによる
(らしい)乱暴狼藉があり、壊滅的な被害を受けたからです。
その後、残ったものをかき集め、ほんの少し買い足して、細々と育てています。

で、そこに、突然、小さな黄色の花が萎みかけているのを発見したのが3週間
ばかり前のこと。 良く観察できないままに花が終わってガッカリしていたら、
また一つ同じように、気が付いたら萎みかけ、という状態で発見。

そして3度目の正直(!) 今度は、ちゃんと咲いている時間に偶々見ることが
出来たので、知人にその写真を送って名前を聞き、ようやく、これまで見逃した
ことが納得できました。 3時頃に在宅しているのは休みの日だけですから。

春から夏にかけて咲くらしいので、また咲いてくれることを期待しています。

投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(2) | トラックバック(0)
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。