西新宿の鍼灸治療(はり・きゅう)マッサージは藍鍼療院へ

ちょっと一言 Blog

仕事納め (2018/12/28)
ご近所の早咲きの蝋梅が、例年より少し早めに
咲き出しています。

このところ、関東も本格的な冬に入ったようで、
抜けるような青空に真っ白な富士山、
という鮮やかな眺めが嬉しい季節になりました。

"からっ風"の冷たさも付き物で、寒さの苦手な方にとっては苦痛でしょうが、まァ、東京の寒さは、
普通に耐えられるレベルだと個人的には思います。

ただ、"末端冷え性"(?)のワタシにとっては、
手先・足先が凍えてしまう季節で、これには毎年
悩まされておりますが・・・

さて、本日をもちまして、ワタシの当年の営業は
終了、仕事納めです。
ご利用下さった皆々様、並びに公私共にイロイロお世話になった皆様方に
厚く御礼申し上げます。

それでは、皆々様、どうぞ良いお年お迎え下さい。

投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
クリスマス (2018/12/25)
今日はクリスマス。 でも、もう何年も前から、
天皇誕生日からクリスマスにかけては年賀状
書き
で大忙し、それどころじゃない状態。

幼い頃、クリスマスケーキ買って、と何の気なし
に父にねだったところ、帰ってきたのは
「ウチは仏教徒だ」との一言。
以来、クリスマスを祝うなど以ての外という雰囲気。

長じてもその習慣は抜けず、クリスマスだからといって買物に行ったり食事に出掛けたり、ということが比較的少なかったように思います。

それでも商店街や繁華街でのクリスマスの飾りを見るのは楽しみでしたし、昨今はあちらこちらで
クリスマスから年末年始にかけて、華やかな
イルミネーションが賑やかに、その出来映えを競っています。

先週は久し振りに丸の内界隈をぶらぶらしましたが、大きなビルや通りになかなか
センスの良いツリーやイルミネーションを見ることができました。
あまり"けばけばしい"感じがなく、日本のクリスマスも"大人"の域に入ってきたのかと何やら感慨深いものがありました。

年賀状書きの後は
大掃除という順番ですが、ウチでは小掃除(!)のみ。
残る一週間もあっという間に過ぎていきそうです。

投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
チャノキ (2018/12/19)
今年もチャノキ(茶ノ木)と思われる花を眺めてきました。

茶畑では、しっかり剪定されているので殆どの
場合、木の高さは1メートル位になっていますが、
この木はおよそ4~5メートルあります。
(小さなホテルの前庭の植栽の一部です)

花の大きさも、普通の茶の花の4倍位はありますが、色・形は確かにお茶の花にそっくり。
でも、細長く尖った大きなを見ると、とても普通の茶の木と同じ物だとは思えない・・・結局、よく分かりません・・・

茶の木はツバキ科なのだそうですが、遠目には(葉の形が全く違いますが)
白椿にも見えます。 花の少ない冬には嬉しい木と言えそうです。

投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
帰省 (2018/12/10)
ちょっと急でしたが、週末に思い立って帰省してきました。
実は暫く前に義兄の様子が少し悪いらしいと聞いて、ずっと気になっていたのです。

義兄は80歳を少し過ぎたところで、数年前から、所謂ロコモティブ・シンドロームの典型のように、最低限しか動こうとせず、引きこもりになりつつありました。

それでも、姉の叱咤激励で、家の周囲の散歩くらいは嫌々出ていた筈なのですが、何でも、今年の5月頃に玄関先で転倒して打撲(顔面!だった由)、治るまで結構
長くかかり、その後あの暑かったの2ヶ月間が続き、ずっと不調だったそうです。

で、9月に入って良い季節になったにも拘らず、何故か、さらに急激に体調を崩した
のだそうです。 食事の量が減り、好きだったお酒を飲まなくなり (これは大問題!)
もともとあまり動かなくなっていたのが余計に動かなくなり、これでは遠からず
寝たきり老人になりかねない・・・という状態。

見舞いに行ったからとて、何も出来ないのですが、下手をすると、そのうちにワタシの顔も忘れられてしまうかもしれないし・・・介護をしている姉だって愚痴の一つや二つあるだろうし・・・と思ってのことでした。

連れ合いの老いと向き合うのは辛い部分もあるでしょうが、姉は淡々と構えているように見えました。 それは自然の営みの一部だと言わんばかりに。

ワタシは見舞いを口実に(?)久し振りに親族や昔の同級生と会う機会が出来て、
慌ただしかったけれど、それなりに楽しい週末を過ごせた次第です。

投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
同窓会その2 (2018/12/03)
先々週、同窓会は嫌いだと書きました。 それは変わっていないのですが、先週、
個人的な(!)同窓会をしてきました。

何のことはない、昔、会社勤めの頃にお世話になって以来、ずっと賀状だけの
お付き合いをしていた人に、お目にかかってきただけのこと。

同じ会社の社員だったわけではなく、その会社に外注として長らく関わって下さった
方で、ワタシの仕事とも関係があって、もう散々お世話になったのです。

元々個人的な付き合いは全くなかったのですが、ワタシが会社を辞める時に、
半ば強引に、以後の賀状のお付き合いをお願いしたのです。

で、それから延々と
20年近く律儀に賀状を下さいました。
2~3年前にリタイアされたと聞いたので、やっと時間的な余裕が出来たことだろうと思って、長年の賀状への御礼、並びに、もうワタシへの賀状は止めて貰っても
構わない旨とを、ようやく直接お伝えしてきました。 (ずっと気になっていたのです)

楽しい同窓会でした。 昔の仕事からはお互い離れているので、何の気兼ねもなく、同年配の四方山話で本当に気持ち良く過ごすことができました。
Kさん(お嫌でなかったら)是非また個人的な同窓会にお付き合い下さ~い!

投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。