西新宿の鍼灸治療(はり・きゅう)マッサージは藍鍼療院へ

ちょっと一言 Blog

日常へ (2020/01/11)
仕事始めの、やや緊張した一週間が終わり、ちょっと一段落。

ささやかな正月飾りも片付け終わりました。 今日は鏡開きですから、飾りに
使った小さなお供え餅を頂くことにしようかな、というところ。
そして、そろそろ寒中見舞いの準備をせねば・・・

というわけで、まだ微かに正月気分が漂ってはいるのですが、しっかり日常生活が
戻りつつあります。 スーパーの棚には既に日常が戻っていることだし、ウチの
冷蔵庫の中身も少し補充してやらねば・・・

さて、来週は少々スキー休暇を頂く予定です、どうぞ悪しからず。
(年末とは別方向ですが、またも雪不足かもしれません。その場合は湯治休暇?)

投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
謹賀新年 (2020/01/03)
新年明けましておめでとうございます!!

当方、年末は恒例の戸隠行き。
"そばどぶろく"で食べ過ぎ・飲み過ぎの3日間を過ごし、1日には早々と帰京、2日は洗濯と片付け、そして本日3日は仕事始めです。

戸隠へは一応スキー道具も持って行ったのですが、余りの雪の少なさに、たった2本の初滑り
引き揚げてしまいました。

もう何年も、年末のスキー場での雪不足は当たり前という状況ではありますが、
今年はまた格別。 一応スキー場はオープンしていたのですが、滑れるコースは
1本のみという残念な状態で、その貴重な1本も中間はガリガリに凍っている始末。

思えば昨年末も雪が少なかったけれど、一応3~4本のコースが開いていました。
来年からはひょっとすると手ぶらで戸隠を目指すことになるのかも・・・

ともあれ、また新たな年が始まりました。
本年も皆々様には、健康機嫌よくお過ごし下さいますよう。

投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
お世話になりました (2019/12/28)
昨日の強烈な木枯らしで、まだ少しは残っていた銀杏の葉っぱが、きれいさっぱり落ちてしまって、枯れ木になってしまいました。
また来年の春に可愛い若葉を出すまで、じっと辛抱(冬眠?)の季節です。

さて、本日をもちまして、当年の営業を終了いたします。
当院にお越しいただいた利用者の皆々様に、厚く御礼申し上げます。

また、研究会やボランティア活動その他、仕事絡みでお世話になった先生方
本当に有難うございました。

そして、プライベートでも、山やスキー、温泉に誘ってくれた山仲間や、食事や花見など何かと声をかけてくれた友人達、そして、滅多に会えなくてもいつも気にかけてくれている兄姉、親族にも、心から感謝!です。

また来年も、何とか年齢相応に元気で機嫌良く過ごせることを祈って。
皆様どうぞ良いお年をお迎え下さい!!
(なお、年始は1月3日より営業いたします。)
投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
冬の紅葉 (2019/12/23)
紅葉(こうよう)はに起こる、というか見られる
もの、という先入観がありますが、東京での紅葉
は、もう殆どに入ってから、という気がします。

紅葉(モミジも11月の後半あたりから、やっと
見頃になってきたようで、もう冬至も過ぎて
クリスマス
だというのに、近所の公園では、
綺麗に色付いたモミジがまだ秋の名残りを
惜しむように輝いていました。

今年は、特に、夏の暑さが厳しく、かつ、長く続いたせいでしょうか、なかなか秋になったという実感が湧かないままに、ある日気が付いたら既に冬だった、という感じ。

つまり、長い夏と短い春・秋という、近年お馴染みのパターンであったようですが、
きっと、これからは、それが当たり前になっていくのでしょう。
日本は温帯から亜熱帯の気候へと変わっていきつつあるのだと思われます。
来年の台風が、また思いがけぬ地域・規模での災害に繋がらないことを祈るのみ。


投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
師走 (2019/12/16)
12月に入ってからでしょうか、新宿駅周辺の街路樹の銀杏が、本格的に
色付き始めました。

そして今、一部には既に殆ど葉を落とした木もありますが、東京の冬の青空
バックに、最後の黄金色の輝きを精一杯に振り撒いています。

いつもと変わらない日常ながら、師走の"せわしなさ"に追われている感じの
今日この頃。

ささやかな忘年会の集りが2~3回増えるだけなのに・・・
ちょっとした買物お届け物の手配をするだけなのに・・・
それを"忙しい"と感じてしまいます。 気分の問題だけかもしれないのに。

ただ、極め付けは、やはり年賀状の準備でしょうか。
ワタシの年賀状は一種の生存確認のようなものですが、ボチボチ終活(!)の
手始めに、少しずつ賀状から卒業しても良いのかな、と考えているところですが、
単なる筆不精の言い訳かも・・・

投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。