西新宿の鍼灸治療(はり・きゅう)マッサージは藍鍼療院へ

ちょっと一言 Blog

皐月 (2016/06/06)
昨日(6/5)から、旧暦では五月(皐月)に入りました。 

現実には、昨日から、関東甲信地方も梅雨入りとのことで、既にアジサイ
嬉しそうに咲き誇っています。

旧暦五月五日の端午の節句は、今の暦では今週6月9日です。
梅雨のない北海道なら、ちょうど今頃、鯉のぼりを立てると良さそうな気がします。

ところで、6月に入った途端に、関東生まれの方が、"もうじきお盆だねエ"と
仰いました。

地方で生まれ育ったワタシにとって、7月にお盆というのは、今もって実感が湧きませんが、いずれにしろ、苦手なが近付いているということで・・・そろそろ要注意。
(梅雨から夏にかけて3カ月間の北海道暮らし、というのが長年の夢なのですが・・・)

投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
野菜・山菜買い出しツアー (2016/05/30)
恒例の、松本近郊への”野菜・山菜買い出しツアー”に行ってきました。
松本郊外に住む知人宅へ一泊させて貰い、先ずは、庭から収穫した”タラの芽”の
天ぷらを肴に乾杯!

翌朝早々、近所のアスパラ農家の無人販売所に直行、新鮮なアスパラをゲット。
朝食を済ませたら農産物センターへ。 安く新鮮な野菜や山菜を物色するのが
大好きです。  (車だったら、もっと大量に買い込むところですが・・・残念)

今年は、山菜には少し時期が遅くなってしまって、農産物センターでもわずかしか
入手できませんでしたが、知人の庭からの”フキ”と一緒に春の香りを少々持ち帰りました。

知人は、ただただ山の写真を撮りたい、そして
自給自足に近い田舎暮らし
したいという思いから、地縁も血縁もない土地に一人で移り住んで早や20年。 
既に後期高齢者のはずですが、その精神の若さと強靭さには脱帽・・・

庭の花や野菜、果樹の手入れに追われてながらも、自然に囲まれた生活を
存分に楽しんでいる知人の健康を祈ります。 ありがとう、Fさん!元気でね!

投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
蒲田行進曲 (2016/05/23)
受講するセミナー会場の都合で、たまにJR京浜東北線蒲田駅を利用します。

決して家から近いわけではないので、往々にして億劫に思いながら出掛けることが多いのですが、唯一の救いというか、楽しみは電車の発車メロディです。

そう、蒲田駅では当然の如く「蒲田行進曲」が使われています。
あの映画も良かったけれど、主題歌として使われた曲も大いに印象に残りました。

もともと古い曲だから当然なのでしょうが、いかにもレトロ調
ちょっぴり威勢良さそうで、そのくせ哀愁を帯びたような、あの独特のメロディが流れてくると、何だか昔懐かしい気分で一杯になってしまいます。

上りと下りで使われている部分が少し違っているところが、また何とも言えません。
時間があったら、もう2~3本電車を待って両方を何回か聞いてから出て行きたいと思うくらいです。 (ちょっとバカみたいでしょうか?)

因みに最寄りの私鉄の駅では「ウルトラマン」のメロディが流れます。
それはそれで悪くないのですが、やはり「蒲田行進曲」には敵わない・・・ 

投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
ぼちぼち夏支度 (2016/05/16)
温暖化のせいか、近年では5月になると確実に”夏日”が出現するように
なりました。

今年もそのパターンで、本来は最も快適な季節のはずですが、既に数日間、結構
暑いと感じる日がありました。

まだ湿度が低いので、耐えられない程の暑さにはなりませんが、
25度を超す夏日に
なると要注意。(28度を超すとワタシの不快指数は確実に上がり始めます。)

この季節、冬物の整理は本格的に、そして夏支度にもボチボチ取りかからねば、
という時期ですが、わずかの手間なのに毎年つい億劫になって、ズルズルと
遅れがち・・・

の季節になる前に、暑さが本格的になる前に、まだまだやることがあるのだと、
自ら叱咤激励しながらの今日この頃です。


投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
法事は楽しい? (2016/05/09)
5月に入りました。 木々の緑が日々その勢いを増しています。

ゴールデンウィークはどのようにお過ごしになりましたか。
ワタシは最後の週末に山口・福岡へ。 一年ぶりの帰省で友人にも会えましたが、
主な目的は福岡での親族の法事でした。

普段あまり全員で集まる機会のない兄や姉達と勢揃い、そして、親しい従兄妹達との楽しい再会の場でもありました。

若い頃は、葬儀法要というと単に面倒だなァと思ってしまう”罰あたり”でしたが、既に人生の折り返し地点をとっくに過ぎた今となっては、さすがに、そういう行事は、たとえ少々面倒でも、生きている者達にとって、とても大事で貴重な機会なのだと
納得できます。

私達が集まる名目(!)を提供してくれた叔父
叔母に、改めて感謝、です。

投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。