西新宿の鍼灸治療(はり・きゅう)マッサージは藍鍼療院へ

ちょっと一言 Blog

サクラ咲く (2017/03/20)
今日は春のお彼岸

お墓に、あちこち新しいが活けてある・・・
遠いという理由だけで、いつも墓参りをサボって
いる身としては、何やら後ろめたく切ない日なので
あります。
(”おはぎ”だけが頭に浮かぶ罰あたり・・・)

別件ですが今日の大ニュース(!) 
近所の中学校のソメイヨシノの中で、例年真っ先に咲き出す気の早い一本に、早々と数個の花が
見えていました。 ピンクの蕾もちらほら・・・
遂にサクラの季節到来です。

ソメイヨシノが咲き始めるなら、それより少し早く咲き始める高遠桜を見に行く時期だということで、ちょっとソワソワ・ワクワクの気分です。

ここ数日暖かい日が続きましたが、日中はともかく朝夕はまだまだ寒い。
暑さ寒さも彼岸まで」の言葉を鵜呑みにはできません。 皆様どうぞ油断せずに、花の季節をお過ごし下さい。

投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
茎ワカメとメカブ (2017/03/16)
生の"メカブ"を見かけるシーズンです。

子供の頃、ウチの辺り(山口県)では春先に、生の"茎ワカメ"が売られていたと
みえて、それをゆでて適当に切って三杯酢に漬けたものを、よく食べた記憶が
あります。 しかし、”メカブ”というのは、見たことも聞いたこともありませんでした。

東京で暮らすようになって初めて、メカブとは"みじん切りにした海藻でネバネバ
したもの"で、なかなか美味、と学習しましたが、生のメカブを見るまで、でっかい
茎ワカメなのかなと思っていました。
(どうやら茎ワカメのもっと下の根元の部分のようです。)

今は、"三陸産"の生のメカブを見つけると、これで酒の肴が一品できるわいと
喜んで(復興も頑張ってね、と内心応援しながら)買い求めます。 
細かくは切りませんが、その昔、父が茎ワカメを晩酌のお供にしていたように、
ワタシはメカブをおつまみに晩酌を楽しんでいます。


投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
スキーフリーク (2017/03/07)
知人で、ほぼ毎週末、奥志賀のスキー場に通っている人がいます。
この週末に初めてご一緒させて貰いました。

志賀高原というと、若い頃(=随分昔)に
夜行バスツアーなどで行ったきりで、最近は
とんと御無沙汰でした。
ゲレンデは広いけれど、ちょっと不便な場所という
印象が残っていたのですが、やはり新幹線
出来てからは、かなり便利になったようです。

金曜夜に19時台の新幹線に乗って、長野から21時の臨時バス(金曜のみ運行)で
23時頃には宿に到着。 帰りの日曜は少し早目に引き揚げましたが、丸2日間
フルに滑って楽しめました。

ワタシも今なお中高年スキーヤーとして頑張っている(?)つもりですが、さすがに
毎週行こうという気力(プラス
体力、さらに財力?!)はありません。
彼女の気力を少し見習って、スキーフリークの仲間入りをしたいところです。
(何より見習うべきは普段からのトレーニング!! わかっちゃいるけど・・・)

投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
ミモザ (2017/02/27)
咲き始めたばかりの木もありますが、満開に近い木もあります、春の訪れを感じさせてくれるミモザ

はるか昔の映画で"ミモザ館"というのがありました。 (いねぇ~!製作は1935年だそうです)
学生時代に見に行きましたが、その時でさえ、
ミモザが花の名前だとは知っていても、具体的には知らずにおりました。

映画そのものも格別に気に入っていたわけでもなく、殆ど忘れているのですが、
その映画があった故に、ワタシにとっては、ミモザという花の名前だけは、長い間、
何故か
特別の響きを持っていたのです。

最近では、花屋さんの店先だけでなく、庭木でも良く見かけるようになりましたが、
今もって、やけに名前に惹かれる印象的な花の一つです。

投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
春二番 (2017/02/20)
 今日の関東は早々と"春二番"だとか。
(先週"春一番"が吹いた日は東北の某スキー場におりましたが、悲しいかな""で停滞)

沈丁花ミモザが咲き始めています。
コブシに似たタムシバと思しき花も少し開き始めていました。 平年より暖かいのでしょうね、きっと。

今のうちにを見ておかねばと思い、今朝、出勤前に羽根木公園に立ち寄ってみました。 遅咲きの木は丁度咲き始めたところでしたが、大半はもう終わりに近い状態。 今年はやはり出遅れてしまったようで・・・

ワタシにとっては、まだまだスキーシーズンではありますが、東京では、これから他所様のお庭を眺めては春の花を探す季節です。


投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。