西新宿の鍼灸治療(はり・きゅう)マッサージは藍鍼療院へ

ちょっと一言 Blog

今年も大曲 (2017/08/28)
行ってきました、夏の定番、今年もやっぱり大曲

直前の大雨で雄物川は洪水に。 河川敷が水浸しになって、花火会場の桟敷席も冠水、一時は開催が危ぶまれました。

前日に盛岡に入っていたのですが、当日朝の6時に開催が最終確認され、
目出度く、予定どうり日帰りバスツアーに参加。
実際に現地に到着してみると、そんな心配をしていたことが嘘のようでした。 
足元もそう悪くなく、例年と全く変わらない光景に、逆に驚いた程です。 奇跡的!
 
大仙市では徹夜の復旧作業をしていたとのこと、大変お疲れ様でした。
そして花火師さん達も短時間での準備は、さぞ大変だったことでしょう。 
皆々様、有難う! おかげで今年も花火を楽しめました。
心配していた"
ゲリラ豪雨"に遭うこともなく、適度の風で良い条件でした。

毎年のことながら、フィナーレで流れる秋田県民歌にウルウルしながら、
今年の花火も終わった、が終わった、一年が過ぎ去った、と感無量・・・
(東京の夏はまだ終わりませんが・・・)
また来年も、多分・・・一体全体、何だってこれほどにハマっちゃったのでしょう・・・

投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(2) | トラックバック(0)
処暑 (2017/08/21)
月暦では明日から7月(文月)に入ります。

その二日目、つまり明後日、は24節気の"処暑"にあたるそうで、一般的には暑い季節が終わるとの意味だけれど、一説には残暑が「少時不退」(しばらくしりぞかざる)という意味もあるとのこと。 さて、現実はどちらに近付くか・・・

2週間前に既に立秋を迎えており、暦の上では秋に入っているわけですが、今年は天候不順というか、まるで7月と8月が入れ替わってしまったようです。 

空梅雨で、やたら暑いだけの7月に疲れ果て、このまま更に暑さが厳しくなったら
どうなることかと戦々恐々だったのに、8月に入ったら意外に気温が上がらず、
小雨模様の蒸し暑い日が続きました。(極めつけは一昨日のゲリラ豪雨

片や大雨・洪水の被害、片や低温・日照不足になるかも、という何とも不安定な今年の夏、ホドホドのところで落ち着いて欲しいものです。

投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
森のバター (2017/08/14)
友人の誘いで何故か"アボカド料理"を食べに行こうということになりました。
(そもそもアボカド専門の料理店があることすら知りませんでしたが・・・)

サラダはもちろん、ピザやスパゲティ、丼物、カレーにもアボカドが使ってある・・・
こんなに合わせ易い食材なのだと再認識。

アボカドが出回り始めたのは何時の頃からだったでしょうか。
"森のバター"と言われる程に栄養価が高い果物だという知識のみで、特別に好きだったわけではなく、たまに気が向くと買ってみる程度でした。

当然ながら、食べ方も"わさび醤油"という、いたって初歩的なワンパターンだったのですが、ある時、友人宅で塩昆布と一緒に出されたのが大層気に入って、以来、
頻繁に買い求めるようになりました。

何しろ半分に割って種を外して皮をむいたらオシマイ、切るだけで一品になる
(塩昆布さえ常備しておけば)という超簡単さで、お酒のお伴にも結構いけます。
 (塩昆布との相性、良いですよ。 だまされたと思って是非一度お試し下さい。)

難点は"食べ頃"が分かり難いこと、それと、意外に高カロリーなので食べ過ぎ
ないように、というところでしょうか。 ともあれ手間いらずで、大いに栄養補給
できるのが、無精者のワタシにとっては実に貴重な食材たる所以です。

投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
クラスメート (2017/08/07)
先日、10年以上前に通った鍼灸学校のクラスメートであった男性から開業案内が届き、気持ちばかりのお祝い持参で、新しい治療院を見学させて貰ってきました。

彼は当時30歳前後だったかと記憶しています。 年齢の割に落ち着いていて、明るく誰からも頼りにされる、スポーツマンタイプの、実に"まっとうな"感じの好青年
でした。(無論、それは今も変わらず) 鍼灸マッサージだけでなく、柔道整復師のクラスにも通っていた頑張り屋さんで、卒業後は主に整形外科で働いていた由。

2~3年前に結婚して今年は子供さんにも恵まれ、多忙な日々なのですが、更に、
開業という、一大転機を迎えたわけで、"もう大変なんですよ"と嘆いていましたが、さぞや充実した毎日であろうと想像しています。

ともあれ、久し振りに学校時代を思い出した出来事でした。
クラスメートの治療院が繁盛しますように!  (ついでにウチの零細治療院も、
それなりに、もうちょっと繁盛してくれると良いのだけれど・・・)


投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
東京の夏 (2017/07/31)
紫陽花の花がドライフラワー状態で、代わってムクゲ芙蓉サルスベリなどが勢い付いて、この炎暑の中、軽やかに爽やかそうに揺れています。 明日から8月。

年々全国的に、夏が、より長く、より暑くなってきていることは、自分の実感でもありますが、先日ネットの記事で、これからも(特に東京では)ヒートアイランド現象
地球温暖化の影響で、その傾向が加速されるであろうと書いてありました。

曰く、30年だか50年後の東京では、1月頃に
紅葉が終わり、は殆どないままにを迎え、5月頃から半年近くになるだろう、とのこと。

その頃にはワタシはいなくなっているにしても、今より更に暑くなってしまったら・・・
工事現場はどうするのかなァ・・・宅配便のお兄さん達には気の毒だし・・・
農作業も大変だし・・・もう東京では皆で"夏季休業"にするとか・・・

ただ、中東やアフリカ、東南アジアなど、もっともっと過酷な環境は沢山あるわけで、
人間の環境への適応力を過小評価してはいけないのでしょう。 
とりあえず、お先に失礼するワタシとしては、後世の東京都民の皆さんに、
頑張って下さいネ、と言う他ありません・・・

投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。