西新宿の鍼灸治療(はり・きゅう)マッサージは藍鍼療院へ

ちょっと一言 Blog

帰省 (2018/12/10)
ちょっと急でしたが、週末に思い立って帰省してきました。
実は暫く前に義兄の様子が少し悪いらしいと聞いて、ずっと気になっていたのです。

義兄は80歳を少し過ぎたところで、数年前から、所謂ロコモティブ・シンドロームの典型のように、最低限しか動こうとせず、引きこもりになりつつありました。

それでも、姉の叱咤激励で、家の周囲の散歩くらいは嫌々出ていた筈なのですが、何でも、今年の5月頃に玄関先で転倒して打撲(顔面!だった由)、治るまで結構
長くかかり、その後あの暑かったの2ヶ月間が続き、ずっと不調だったそうです。

で、9月に入って良い季節になったにも拘らず、何故か、さらに急激に体調を崩した
のだそうです。 食事の量が減り、好きだったお酒を飲まなくなり (これは大問題!)
もともとあまり動かなくなっていたのが余計に動かなくなり、これでは遠からず
寝たきり老人になりかねない・・・という状態。

見舞いに行ったからとて、何も出来ないのですが、下手をすると、そのうちにワタシの顔も忘れられてしまうかもしれないし・・・介護をしている姉だって愚痴の一つや二つあるだろうし・・・と思ってのことでした。

連れ合いの老いと向き合うのは辛い部分もあるでしょうが、姉は淡々と構えているように見えました。 それは自然の営みの一部だと言わんばかりに。

ワタシは見舞いを口実に(?)久し振りに親族や昔の同級生と会う機会が出来て、
慌ただしかったけれど、それなりに楽しい週末を過ごせた次第です。

投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
同窓会その2 (2018/12/03)
先々週、同窓会は嫌いだと書きました。 それは変わっていないのですが、先週、
個人的な(!)同窓会をしてきました。

何のことはない、昔、会社勤めの頃にお世話になって以来、ずっと賀状だけの
お付き合いをしていた人に、お目にかかってきただけのこと。

同じ会社の社員だったわけではなく、その会社に外注として長らく関わって下さった
方で、ワタシの仕事とも関係があって、もう散々お世話になったのです。

元々個人的な付き合いは全くなかったのですが、ワタシが会社を辞める時に、
半ば強引に、以後の賀状のお付き合いをお願いしたのです。

で、それから延々と
20年近く律儀に賀状を下さいました。
2~3年前にリタイアされたと聞いたので、やっと時間的な余裕が出来たことだろうと思って、長年の賀状への御礼、並びに、もうワタシへの賀状は止めて貰っても
構わない旨とを、ようやく直接お伝えしてきました。 (ずっと気になっていたのです)

楽しい同窓会でした。 昔の仕事からはお互い離れているので、何の気兼ねもなく、同年配の四方山話で本当に気持ち良く過ごすことができました。
Kさん(お嫌でなかったら)是非また個人的な同窓会にお付き合い下さ~い!

投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
紅葉 (2018/11/26)
都内は今が紅葉のシーズンなのでしょうか。

写真は新横浜の駅近くで通りすがりの公園脇にあったの枝。 程良い色ではありましたが、
もう大半は散ってしまっている様子でした。

今年は台風の影響で、木々の枝葉が痛めつけられてしまったように見受けられます。
紅葉する前に、そも、葉っぱが千切れたり枯れたりしているような・・・
(殊に風通しの良い場所にある背の高い木ほど酷い)

銀杏
は木によって(あるいは日当たりによって)、既に散り始めているものから、
まだまだ緑濃いものまで、結構バラバラのようですが、これから本格的もしくは
最終的に黄金色に輝きそうで、楽しみです。

紅葉狩りに行く予定はありませんが、近所の公園や街路樹で、秋の終わりを満喫できることを期待して、毎日キョロキョロと周囲を見回しています。


投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
同窓会 (2018/11/19)
秋は何故か同窓会シーズン。 ワタシはこれが大の苦手で、基本的に欠席です。
(毎年のように開催されていると3~4年に一度の出席)

たとえ賀状だけでも交流が続いている友人であれば、同窓会でなくとも、たまには会いたいと思いますが、もともと付き合いのなかった同級生だと、もう殆ど赤の他人に近いわけで・・・
でも、学校の同級生というのは、互いの人生の中で、何がしかのがあった仲で
あることは事実だし・・・どんな距離を取れば良いのかいつも戸惑ってしまいます。

そういう人達と、その場限りの他愛ない
昔話費やす時間は、一抹の懐かしさもありますが、何とも虚しい・・・と感じてしまうのです。
(楽しそうな話題を自分がもっと沢山持っていれば良いのでしょうが・・・)

実は先日、短大の同窓会がありました。 卒業以来もう半世紀近いのですが、その間に計4回開催されたそうで、ワタシはこれで2度目。 今回が最後になるかも、と思っての参加でしたが、数年後にもう一度だけ計画して終わりにしようということに
なりました。

「じゃァ、生きていたら、また会おうね」ということで、"懐かしくもあり、虚しくもあり"の同窓会はお開きになり、例によって何だかモヤモヤした浦島太郎の気分で帰途についた次第です。
次の、そして最後の、同窓会に行くべきか行かざるべきか・・・大問題・・・

投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
寒木瓜 (2018/11/12)
昨年初めてその存在を知った"寒木瓜"。

10月初めからポツポツと咲き始め、最近になって、
ようやく全体がちょっと目立ち始めました。
満開の時の派手さに比べれば、まだまだですが、
どぎつい程の朱色が実に鮮やかです。

先日偶々、その木が植えられている地所の持主と思しき女性がおられたので、お話を聞いてみたら、
この木瓜にはとても大きながなるとのこと。

で、それを梅酒のように焼酎に漬けると大変きれいな茜色のお酒になるのだとか。

ふ~ん、ボケの実とはねェ・・・気が付きませんでした。
早速ネットで調べてみると、確かに出てました。 ボケには直径5~6cm位の緑色の
硬い実が成るらしく、生食は不可ですが果実酒の材料には最適なのだそうです。
(実は最終的に黄色く熟すようで、緑色のままでも、黄色くなったものでも、どちらも
果実酒に使えるらしい・・・) きっと花梨の実に似た感じなのでしょう。

あちこちでボケの花は見かけるのに、この歳になるまで(!)実が成ることは知らずにおりました。 来年は是非、どこかでボケの実を探してみたいと思います。

投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。