西新宿の鍼灸治療(はり・きゅう)マッサージは藍鍼療院へ

ちょっと一言 Blog

"断捨離"願望 (2018/10/15)
少し涼しくなってきました。
夏の名残のムクゲやサルスベリの残り花が、秋風に揺れています。

夏の間いつも素足サンダルでした。
最近さすがに素足では寒い、というか、いかにも寒そうに見える(!)ので、サンダル履きは終了、昨日になって遂にサンダルは下駄箱行きになりました。

ついでに季節とは関係ありませんが、いつも片付けの悪い我が家を、少しずつ
少しずつ片付けてゆきたいものだと思っています。 
中でも一番悩ましいのが、手紙・葉書の類。 数少ないとはいえ、筆まめな友人・知人から折々届く便りが、ちょっとずつ溜まってゆき、捨てるには申し訳なく惜しくも
あり、かといって、取っておいても、そのうちホコリを被るのが目に見えています。

たまに引っ越しをすると良いのですが、目下そんな予定はないし・・・処分する機会を見つけるのが難しい・・・かくてウチのテーブルには常に乱雑に封書や葉書が
積み上げられたまま・・・という情けない状態が続くのです。

どなたか"断捨離"を実行する秘訣を教えて下さァ~い!!


投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
季節外れ (2018/10/08)
昨日の日曜日、東京は32℃、季節外れ真夏日でした。

天候・天災に関しては、最近は四六時中"想定外"との評ばかりですが、
"季節外れ"という便利な言葉もあったわけねェ・・・と改めて感じ入りました。

暑かった今年の夏ですが、9月の残暑が思った程ではなく、むしろ雨続きという
予想外の天候。 それで身体が少し涼しさに慣れてきたところに、突然の真夏日。
もう怠くて怠くて・・・ワタシはこんなに軟弱だったのか、我ながら情けないと
思うくらい調子が出ませんでした。

"身体がついていかない"とは、高齢の方々が、激しい寒暖の差への対応に
困惑するときに良く使われますが、ワタシ自身、既に、早くも(ないか)仲間入り
をしているらしい・・・そう思わされました。

一転、今日は二十四節季の"寒露"、 秋が深まり地上に冷たい霜が下りる、とか。
しばし快適な季節であっても、きっと季節外れや想定外の暑さ寒さが待っていることでしょう。 皆々様、健康管理には手抜かりのないよう、充分注意しましょう。

投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
筋肉痛 (2018/10/01)
昨夜は台風の強烈な風が吹き荒れましたが、
皆さま被害はありませんでしたか。

当方は、建付けの緩んだサッシ戸から吹き込んだ雨で少し濡れてしまった室内を、今朝になってから、一人で大騒ぎをしながら片付ける破目になってしまいました。

さて、先週後半は休みをとって久し振りの山歩きをしてきました。
富山側から立山・室堂に入り、剣沢を下り、お目当ての仙人池を通り阿曽原から欅平へ抜け、トロッコ電車で宇奈月温泉へ。
紅葉には少し早かったですが、室堂より上では見頃になっていました。

今回の目標であった憧れの(!)仙人池では、到着した日はガスがかかっており、
ここまで来たのに残念だなァと思っていたら、翌朝は快晴、に映った剣の尾根
裏剣)をしっかりと眺めることが出来てラッキーでした。 

普段のトレーニングなしで突然4日間を歩いて、当然の如く全身の筋肉痛!!
しかも、生憎2日目に右膝をひねってしまいました。
(回復まで少し時間がかかりそう・・・トホホ・・・)
右膝をかばいながら歩いたおかげで、微妙に左の腰から下肢にも痛みが出て、
内心どうなることかと心配し通しでしたが、同行の山仲間の協力もあって、
何とか予定どうりに下りられました。

基本的に年寄り向けの(?)のんびりした山行計画だったので、ちょっと故障した
ワタシでも歩けたわけですが、もうちょっと普段のトレーニングをしておかねば・・・と改めて思い知らされた次第。

これからスポーツの秋ではありますが、皆様もお怪我のないよう、ご注意下さい。




投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
巾着田(きんちゃくだ) (2018/09/24)
今年の"彼岸の入り"となった20日に偶々休みが
とれたので、かねて一度行ってみたいと思っていた
巾着田彼岸花を見に出掛けました。

花そのものが珍しいわけではありませんが、
やはり、群生地となると別格です。
丁度見頃になり始めたところで、まさしく林の中の
"真っ赤な絨毯"という感じ。

混雑を避けて早い時間を目指したのですが、ワタシの到着と同時に観光バスが3台ばかり到着。
平日とはいえ、結構な人出でした。 

正確には"巾着田曼殊沙華公園"(日高市)。
随分前から彼岸花の名所と聞いていました。
 
都心からさほど遠いわけではありませんが、時期が限られていますし、土日は混雑している様子なので、ついつい毎年行きそびれて何年も経ってしまっていたのです。

やはり、いつでも行けると思っているのが良くない、のですねェ・・・
あと2~3ヶ所、関東近郊で行ってみたい花の名所があります。
面倒臭がらずに、生きているうちに(!!)行っておこうと、改めて思った次第。

投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
金魚展 (2018/09/17)
3年前に一度行った「アートアクアリウム」展を
再訪してみました。

言うなれば金魚水族館のようなものですが、生きている金魚を"アート"つまり芸術として扱うというもので、元々が観賞用の優美な金魚を、様々な
仕掛けや趣向を凝らした水槽ライトアップで、より美しく"芸術的に"見せようとする、なかなか斬新できらびやかな金魚展です。

さすが2度目となると初回の時ほどの驚きはありませんが、前回とは少し趣を変えてあったりして充分楽しめました。 また、今回は錦鯉の水槽もあって、ため息が
出そうなくらい立派な錦鯉が数匹泳いでいるのも圧巻でした。
(多分、一匹で、ン百万円の世界?)

普通の水族館でも最近はライトアップが(少なくとも部分的には)当たり前になり
つつありますが、この金魚展はとりわけ"ド派手"に頑張ってるなァという印象です。
(派手なだけでなく、日本的な趣が重視されています、念のため)

写真はオタフク風邪にかかっているかの如き、珍しい姿の金魚。
浅い鉢に入っていて、よく見えました。

投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。