西新宿の鍼灸治療(はり・きゅう)マッサージは藍鍼療院へ

ちょっと一言 Blog

真夏の花見散歩 (2020/09/14)
この季節に菜の花畑? 違います、キバナコスモスの「レモンブライト」という品種だそうです。

先月末頃に新聞で紹介されていた、
昭和記念公園の"黄色の
コスモス"。

向こう一ヶ月位は見られそうだとありましたが、先週半ば、偶々休みが取れたので、まだ暑いけれど、
頑張って出掛けたのです。

キバナコスモスは、コスモスの仲間ではあるけれど、別の種類、ということだけは知っていました。 葉の形状や花色、草丈、開花時期が違うとのことで、花の色は
主に黄色とオレンジ色の2色、最近は赤もあるらしい。

で、ワタシはオレンジ色しか見た記憶がなく、この写真にあるようなレモンイエローはあまり見たことがありません。 それで、この暑さの中を敢えて出掛けた次第。

真夏お花畑・・・レモン色の海・・でも、もうグッタリ(この日は暑かった!)・・・

来月には普通の(つまり、ピンクや赤、白の)コスモスが見られる筈。
もう少し元気になって出直したいと思います。

投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(2) | トラックバック(0)
コロナ憎し! (2020/09/07)
早くも9月に入りました。 暑さは相変わらず。 これから猛暑日は少しずつ減ってくるかもしれませんが、やはりお彼岸まではじっと我慢・・・ 

しかし不思議なもので9月に入った途端に、セミの鳴き声が急にツクツクボウシ
ばかり聞こえてくるのです。 夕刻にはコオロギらしき虫の声まで響き渡って
驚きです。 の実も微かに色づき始めています。

で、お彼岸の楽しみ("おはぎ"は別として)に、今年も9月の後半には、ヒガンバナを眺めに
巾着田を目指そうと思っていたのですが、偶々公園のHPを開いてみた
ところ、恒例の
曼珠沙華まつりは中止とのこと。 

このご時世ですから、あまり多数の客に来られても困る、ということで納得できますが、更に、驚くべし、開花の前に曼珠沙華を刈り込む予定とのこと。

そりゃまァ「まつり」というイベントがなくとも、あの花を見に行きたいという人は
多いでしょうから、結局は大混雑が予想されてマズイ、との判断なのでしょう。

が、しかし、But、開花前の花を刈り込むなんて、何と酷な・・・苦渋の決断とはいえ、
絶対に来てくれるな!という意気込み?がひしひしと伝わってきますねェ・・・

咲かせて貰えないヒガンバナ・・・切ないですね・・・コロナ憎し・・・

投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
モーウィ (2020/03/31)
週に一度、仕事で通る所にある小さな八百屋
ごく小規模の産直センターという風情で、
毎日開いているのかどうかも定かではありません。

先々週、店頭に、ヘチマかと思われるような
形の茶色いモノが沢山おいてあり、モーウィ―
と、聞き慣れない名前。  あれは一体全体何?

翌週も同じモノがあったので、好奇心にかられて
立ち寄って聞いてみたところ、何でも沖縄
キュウリと似たようなものだと。  青臭さやクセはなく、生でも加熱しても良い、
漬物にするために沢山買っていく客がいる、云々。

それが、この写真にある茶色の大きな瓜のような代物。(ミニトマトとキウイを並べてみました) こんな大きなキュウリがあってもなァと思いながらも、珍しさで一個購入。

調べてみると、赤毛瓜赤ウリとも言うそうで、キュウリのように生で酢の物などに使えるらしいのですが、切ってみると、少し日が経っていたのか、シャキシャキ感は
なく、ズッキーニのような感触。
豚肉、トマトと一緒に炒め煮にしたら、トウガンに近い感じになりました。

格別に美味しいと思ったわけではありませんが、食材の知識が一つ増えただけで
大いに得をした気分。  いつか沖縄料理の店で食べてみたいものです。

投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
猛暑日の上は? (2020/08/24)
先々週から先週にかけて、全国的に気温が急上昇(特に東・西日本)、
遂に40℃超えまで出てくる始末。
(今週の関東は、暑さがやや小休止の見込み、ありがたや・・・)

体温を上回る37℃や38℃の日が珍しくなくなって、もうこれが毎年のことになる
のだろうかと、内心げんなりしているのですが、40℃を超えるとは・・・

目下、最高気温が25℃以上で夏日、30℃で真夏日、35℃以上が猛暑
ですが、
40℃以上の呼び名が必要になりそうだと思って、考えてみました。("ヒマ人"です!)

すぐに思いつくのは酷暑
ですが、猛暑日とどちらが格上(?)なのか迷いそう。
大暑では24節季と紛らわしいし、熱暑はどうでしょう? 炎暑も悪くない!

あるいは極暑では? (これをコクショと読ませたいところですが、この漢字の
読みはキョクかゴクだけだから、どちらかと言えばゴクショかなァ。)
となると、いっそのこと獄暑ではどうだ!

遠からず
気象庁公募するかも・・・ もう少し本気で考えてみます・・・

投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(2) | トラックバック(0)
エルヴィス! (2020/08/17)
一昨日の15日は終戦敗戦)記念日、そして昨日の16日はエルヴィス プレスリー
命日でした。(77年 42歳にて没)

終戦に関わるTV番組はすべてスルーしてしまいましたが、エルヴィスの追悼で放映されていたケーブルテレビの番組を半日近く眺めながら、久し振りに懐かしい数々のヒット曲を耳にし、どんなにあのが好きだったか、少し思い出しました。

彼は確か50年代に頭角を現して、(50年生まれの)ワタシが物心ついた頃には既に、世界中の若者を熱狂させる大スターになっていたかと記憶します。

で、ワタシはロックンロールが好きだったわけではなく、彼の歌うスローバラード
カントリー&ウエスタン、あるいはゴスペル調の曲が好みでした。
甘い声というか、深みのある声でのバラードはダントツで魅力的だったのです。
(それに、当時のワタシの拙い英語学習にはスローな曲が向いていた?)

ルックスは今一つ好きにはなれなかったので、あまり映画は見ませんでしたが
(ろくな映画もなかったし)、ともかく彼の歌は大好きで、今でも、一番好きな歌手
と言われたら迷わずプレスリーを挙げます。

ただ、そもそも熱心な音楽ファンではないので、いかにエルヴィスが好きだと言っても、数枚の古いレコードを持っているだけで、ここ何年も聴いていない・・・
まだプレーヤーも生きているはずですが・・・
やはり、早いとこ、CDに移して聴く機会を増やすべし、と改めて思った次第。


投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。