西新宿の鍼灸治療(はり・きゅう)マッサージは藍鍼療院へ

ちょっと一言 Blog

酷暑見舞い (2020/08/10)
長梅雨が明けた途端、連日の真夏日猛暑日・・・身体がついていきません・・・
(暦の上では既に立秋とか言われてもねェ・・・)

ベランダの鉢植植物がカラカラに乾いてグッタリしているのを見ると、まるで自分を
眺めているような気がして、あわてて"水やり"に励みます。

昼間の仕事場は、客の有無に関わらずエアコンはフル稼働。
家に帰っても、夜中まで、あるいは明け方までエアコンのお世話になっています。

結局、通勤の間と、仕事で外出する時とを除けば、ほぼ24時間エアコンに浸かっている状態。 決して褒められたことではないのでしょうが、止むを得ない・・・
熱中症で救急車のお世話になることに比べれば、この方がずっと"まし")

まさにエアコン三昧の生活なのですが、内心ジクジたるものも一応あるのです。
エアコンに頼らないと生きてゆけない生活を当然のこととしていて良いのかな・・・と。
こんなにエネルギーを消費しながら生きていて良いのかな・・・と。

でも、しかし、この暑さ! もう、早朝散歩すら願い下げ、ジョギングなんて論外、
といった具合で、マジ"引きこもり"になりそうな(いえ、既になっている)毎日。

皆々様も、どうぞご自愛下さい、酷暑お見舞い申し上げる次第です。


投稿者 藍鍼療院 (11:12) | PermaLink
  
この記事へのコメント

最高気温37度とか38度、昔は32,3度で大騒ぎしていましたよね。体温を超える気温、住んだり仕事をしたりする環境ではないね。そんな中、昨日高尾山から陣馬山まで歩いてきました。山中はひんやりとは言えないまでも、日影に入ると少し爽やかでした。そして山麓ではすでにヒガンバナが満開で秋の気配、もう少しの辛抱です。

投稿者 muraki 2020年8月11日 07:56

この暑さの中を高尾山歩きですか、何ともお元気なことで・・・脱帽!
昔々7月の丹沢でバテそうになって以来、夏の低山ハイクは避けております。
しかし、もう彼岸花が見られたとは羨ましい限りです。

投稿者 藍診療院 いとう 2020年8月11日 10:27

コメントする


 




TrackbackURL : 

お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。