西新宿の鍼灸治療(はり・きゅう)マッサージは藍鍼療院へ

ちょっと一言 Blog

平地も秋 (2021/10/11)
今年はキンモクセイが2度咲き

さほど珍しいことでもないけれど、
何か天候の関係だろうという以外には
その理由がはっきりしていないようです。

明らかに2度目の方が盛大に咲いている木も
あれば、2度目は申し訳程度に花を付けている
木もあるようです。 どちらが本命だったのか?
ともあれ、再度あの香りを楽しめてラッキー。

そんな中、一ヶ月前に咲き始めていた、昭和記念公園のコスモスを見ておこうと、
先週半ばに立ち寄ってみました。
早くも盛りを過ぎつつある感じではありましたが、今年の"花の丘"はレモンイエロー
の海になって、いつもながら、なかなか見事な眺めでした。

先月の園内はキンモクセイの香りで一杯でしたが、今月も2度目のキンモクセイの
香りに包まれて、でも今回は時々"ギンナン"の匂いに負けて(?!)いました。

街路樹のハナミズキの葉も少しずつ紅くなってきました。
これから平地も本格的な秋を迎えます。 

投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
雪渓 (2021/10/04)
先週に続き、もう一枚、山の写真を
見てやって下さい。

稜線を歩いていた時に見かけました。
きれいなハート形の雪渓です。

雪渓とは、高い山の万年雪など、
夏でも山に残っている雪や、その雪で
覆われた谷や沢のことです。

この写真で雪渓が残っている場所は、
剱沢剱岳の南東側)の上部にあたります。
この谷に何本かの沢が合流して、深く大きな剱沢となり、大雪渓が残ります。

因みに、日本の代表的な雪渓は「白馬大雪渓」と「針の木大雪渓」そして
剱沢大雪渓」で、日本三大雪渓とされています。

夏山では、涼しい風が吹き渡り、目にも身体にも心地よい雪渓ですが、
表面はグサグサであったり殆ど氷状態であったり、なので、歩く時は要注意。

いつか、また同じ時期に立山に行くことがあれば、見てみたいものです。

投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(2) | トラックバック(0)
もう山は秋 (2021/09/30)
今週前半、2回目の"プチ夏休み"で、
温泉山行、立山に行ってきました。

立山黒部アルペンルートの最高地点の室堂
標高2,450mですが、既に紅葉が見頃。
これから毎日、赤や黄色が徐々に山を下りて
くることでしょう。

写真は秋の"チングルマ"。 
夏は白い可憐な花で楽しませてくれますが、
花が散ると、綿毛に変わり、これまた実に可愛らしい姿になります。
そして、秋になると、葉が見事に赤く染まり、草紅葉として山を彩ります。

コロナ以前は中国人観光客で混雑していたアルペンルートですが、さすがに
その頃と比べれば、ずっと静かです。
でも、室堂から程近い、温泉付きの山荘は、ワタシのような元・ハイカーとか
元・クライマーらしき中高年を中心に、結構混み合っています。

麓から登らなくとも電車・バスで簡単に高所まで辿り着けるのは、とても有難い
ですが、高山であることを忘れず、注意して山歩きを楽しみたいものです

投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
ウスギモクセイ (2021/09/20)
先週初め、キンモクセイが咲き始めた頃、
久々に昭和記念公園のHPを眺めてみたら、
ウスギモクセイが既に満開だとのこと。

これは初耳、どんなモクセイなのかと
思ったら、どうやら"薄黄"で、薄い黄色らしい。
(アサギ”浅黄”モクセイとも言うようですが)

(オレンジ色と白色)以外の木犀が
あるなんて、この年になるまで知らなかった。

花が咲いている間に是非見てみたいものだと思い、急遽、水曜日に立ち寄り。
この写真では、あまり良く分からないかもしれませんが、確かに、
淡い黄色というかクリーム色で、ギンモクセイの白とは違った色合いでした。
(香りは銀木犀と同じだったような気がします)
言われなければ、銀木犀だろうと思い込んで通り過ぎそうです。

久し振りの昭和記念公園でした。 キンモクセイは園内のあちこちに大木が
茂っていて、公園中がモクセイの香りに包まれていました。

ついでに花の丘に寄ってみたら、今年の
コスモスは黄色!!
まだ咲き始めでしたが、あと2週間もすればレモンイエローの丘になっている
ことでしょう。 楽しみです。


投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(2) | トラックバック(0)
秋の訪れ (2021/09/13)
一昨日(11日、土曜)の昼間、今シーズン初めて
金木犀の香りをゲット。(こんな日本語あり?)

気のせいだったかと一瞬は思ったのですが、
その後、夕方から翌日にかけて、
あちこちで咲き始めているのを確認。 

今朝は、駅前の民家にある大きな銀木犀が、
キンモクセイとはちょっと違う甘い香りを
盛大に振り撒いていました。

普通は9月後半から10月にかけて、と記憶していますので、例年より少し早い
開花でしょうか。 突然涼しくなってビックリして、慌てて咲いたのかも。

そして、昨日の日曜には、近所で彼岸花の花芽が立ち上がっているのを発見。
今日、仕事場に来てから、近くの神社と中学校を早速チェックしに行ってみたところ、
はい、写真のとうり、もう咲き始めていました。

お彼岸まで、あと一週間。 もう30度越えの日はなさそう。
このまま秋に突入なのでしょうか。

投稿者 藍鍼療院 | PermaLink | コメント(2) | トラックバック(0)
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。